第170回「新型コロナウイルス5つの場面」

日本政府は2020年10月23日、新型コロナウイルス感染症対策分科会で、各自治体へのヒアリングに基づくクラスターの分析結果を報告しましました。分科会では、クラスターが発生しやすい5つの場面を提示しました。1)飲酒を伴う懇親会等、2)大人数や長時間に及ぶ飲食、3)マスクなしでの会話、4)狭い空間での共同生活、5)居場所の切り替わり、でクラスターが発生しやすいとして政府へ啓発を求めています。
今回は「新型コロナウイルス5つの場面」です。

第169回「新型コロナウイルス指定感染症」

厚生労働省は9月18日、新型コロナ関連政令の一部改正にとどめる方針を発表、10月9日の閣議で正式決定し、10月24日施行することとなりました。一部改正の内容は、入院の対象を「感染者全員」から「高齢者や基礎疾患がある者」と「蔓延防止に必要な事項を守ることに同意しない者」に絞り、さらに自治体が入院対象を柔軟に決めることができるようにもする、とういものです。
今回は「新型コロナウイルス指定感染症」です。

第168回「新型コロナウイルスマスクの有用性」

新型コロナウイルス、COVID-19の流行以降、マスクが有用かどうかの議論は初期からありましたが、現在ではマスクの着用はCOVID-19の拡大を防ぐためにとても重要であると考えられています。
今回は「新型コロナウイルスマスクの有用性」です。

第167回「新型コロナウイルスポピドンヨード」

米国コネチカット大学医学部のグループは、エアロゾルを生じさせる耳鼻咽喉科的手技を実施する前の感染予防策として、0.5%以上のポビドンヨードを含む消毒液を鼻腔内に投与して15秒間洗浄を行うことを想定して、in vitroで、つまり実験室で、消毒液のウイルス培養実験を行ったところ、この処置でSARS-CoV-2は完全に不活化できたと報告しました。
今回は「新型コロナウイルスポピドンヨード」です。

第165回「新型コロナウイルス未成年者の感染」

国立感染症研究所は、2020年2月1日から5月28日の間、すなわち第1波の時に感染症発生動向調査に届出があった新型コロナウイルス、COVID-19のうち、20歳未満の症例(患者および無症状病原体保有者の計677例)について、患者背景や症状の特徴をまとめました。
今回は「新型コロナウイルス未成年者の感染」です。

第164回「新型コロナウイルス致死率の低下」

第2波はまだ完全に収まってはいませんが、現時点での解析が国立感染症研究所から発表されました。致死率は「第1波」1~5月では5.8%で、「第2波」では、6月から8月19日時点で0.9%でした。70歳以上では「第1波」では24.5%、「第2波」では8.7%と大きく低下しました。
今回は「新型コロナウイルス致死率の低下」です。

第163回「新型コロナウイルス医療従事者燃え尽き症候群」

新型コロナウイルス感染症、COVID-19のパンデミックは、最前線の医療従事者にかなりの心理的負担をかけています。日本でも多くの患者さんの治療にあたった聖路加病院から、医療従事者の燃え尽き症候群に関する論文「日本におけるコロナウイルス疾患2019(COVID-19)パンデミック時の医療従事者のバーンアウトの有病率」がJAMAから出ています。
今回は「新型コロナウイルス医療従事者燃え尽き症候群」です。

第162回「新型コロナウイルス回復者血漿療法」

感染症から回復した人は、その感染症に対する抗体を有している可能性があるため、回復者から血漿を提供してもらい、これを投与することで新しく感染した患者の治療に役立てることができます。
今回は「新型コロナウイルス回復者血漿療法」です。

第161回「新型コロナウイルスインフルエンザ」

例年、12月頃から2月頃にインフルエンザの流行シーズンを迎えます。新型コロナウイルス感染症が流行している状況下でのインフルエンザシーズンはどうなるのでしょうか?結局のところ私たちがすべきことはインフルエンザワクチン接種と、手洗い、マスク着用、咳エチケット、などであり、これらが季節性インフルエンザ、新型コロナウイルス、両方に効果的な予防法です。
今回は「新型コロナウイルスインフルエンザ」です。