第90回「非結核性抗酸菌症」

非結核抗酸菌(non-tuberculousis mycobacteria: NTM)は, 結核菌群およびらい菌を除いた約150種類の抗酸菌の総称です。NTMは、免疫不全患者さんのみならず健常な方への感染が成立すると考えられています。感染が成立すると特徴的な症状に乏しく,、数年~十数年かけて慢性肉芽腫性病変が緩徐に進行するのが一般的です。結核菌とは違い、ヒト―ヒト感染は一部を除いて起こさないとされるため,、患者さんの隔離は不要です。
今回は「非結核性抗酸菌症」です。

第89回「結核」

結核とは結核菌という細菌が体の中に入り、増えることによって起こる病気です。日本では、今でも年間17,000人以上の新しい患者さんが発生し、年間で約1,800人以上の人が命を落としている重大な感染症です。
今回は「結核」です。

第88回「インスリンポンプ」

糖尿病に対するインスリン療法には、インスリンを1日1回~複数回注射で皮下に注入する注射療法と皮下に留置した細くやわらかいカニューレを通して持続的に注入するインスリンポンプ療法とがあります。インスリンポンプは、近年では低血糖を予測してインスリン注入を止める機能を備えた製品が登場し、血糖コントロールを飛躍的に改善しています。
今回は「インスリンポンプ」です。