第120回「帯状疱疹ワクチン」

帯状疱疹は抗ウイルス剤を服用すれば、速やかにウイルスの増殖を抑制できる疾患ですが、帯状疱疹がやっかいなのは、皮疹が消失したあとも長期間にわたり痛みが続くことがあることです。患者さんのQOL(生活の質)を著しく損ねるため、世界中で予防法が研究されてききました。その主たる予防策は帯状疱疹を抑制するためのワクチン接種です。
今回は「帯状疱疹ワクチン」です。

第119回「ノロウイルス」

ノロウイルスは、急性胃腸炎を引き起こすウイルス性の感染症で、長期免疫が成立しないため何度もかかります。主に冬場に多発し、11月頃から流行がはじまり12〜1月にピークを迎えます。ノロウイルスは感染力が非常に強く、また乾燥にも強く、少量のウイルス、10個から100個でも感染、発症すると言われています。
今回は「ノロウイルス」です。