第59回「心肺蘇生法」

欧米では一般市民による一次救命処置が広く普及し、救命に一定の効果を上げているようですが、日本での一般市民による一次救命処置施行率はまだまだ低いのが現状です。一次救命処置のさらなる普及を目指して各種の団体が講習を行っています。一般の方たちがこのような講習を受けて、一次救命の意識が広がれば、日本でも市民救助者による救命率が上昇するかもしれません。
今回は「心肺蘇生法」です。