第251回「オミクロン株の特徴」

2022年の初めから流行しているオミクロン株による感染症ですが、流行初期から従来の新型コロナウイルスと比べて症状が軽いと言われてきました。オミクロン株による新型コロナウイルス感染症の潜伏期間、症状、持続期間、後遺症の頻度などが分かってきました。
今回は「オミクロン株の特徴」です。

第250回「小児に対するワクチンの効果」

米国疾病対策センターの研究者らは、2021年7月1日~2022年2月17日に報告された18歳未満の新型コロナウイルス感染症のデータを用いて、小児や青少年に対するファイザー/ビオンテック社ワクチンのオミクロン株に対する有効性を調べるために研究を行い、デルタ株に比べると効果は低いものの、オミクロン株に対しても5~11歳のCOVID-19による入院リスクを3分の2に減らしていたと報告しました。
今回は「小児に対するワクチンの効果」です。

第249回「小児の肝炎」

イギリスを中心に、海外で小児の急性肝炎の症例が報告されており、2022年4月20日までに111人の患者が報告されています。また、2022年4月27日までにヨーロッパ12カ国から約55人の患者が報告されています。さらに、米国から12例、イスラエルからも12例の小児の急性肝炎が報告されており世界的に増加傾向です。2022年4月末までに日本国内でも3例が報告されています。
今回は「小児の肝炎」です。